【ジャニュアリーS】ティアップワイルド3馬身差の快勝

[ 2011年1月10日 06:00 ]

 中山日曜メーン、古馬オープンの11R・ジャニュアリーSは内々の4番手を進んだ1番人気ティアップワイルドが突き抜け、2着ツクバホクトオーに3馬身差の快勝。

 石橋脩は「早めに抜け出したらフワッとしたので最後まで追ったけど楽勝でしたね。重賞でも通用する」と絶賛。西浦師は「内のポケットに入って、砂をかぶっても競馬をできたのは収穫だった。今後は重賞を使っていきたい」と話し、根岸S(30日、東京)などを視界に入れている。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2011年1月10日のニュース