【中山6R新馬戦】ヒラボクマジック楽勝 ゴール前流す余裕も

[ 2011年1月10日 13:35 ]

中山6R新馬戦 3歳、ダート1800メートル

(1月10日
中山競馬場)
 2番人気ヒラボクマジック(牡=大竹正博、父・アグネスデジタル、母・マジックキス)が1分59秒4の時計で制した。道中は3、4番手の好位を追走し折り合いに専念。直線を迎えて一気に先頭に立つと、あとは独走。セーフティリードをとると流しながらゴールした。

 3馬身差の2着は1番人気グランマルシェ、さらに7馬身差の3着には4番人気ティーケイキャットがそれぞれ入った。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2011年1月10日のニュース