×

“最後の晩餐”は家の味?店の味? 定番のお題でJOYvs大阪タレント勢が白熱バトル

[ 2022年7月6日 13:11 ]

タレントのJOY
Photo By スポニチ

 タレントのJOY(37)が5日放送のカンテレ「やすとも・友近のキメツケ!」に出演。定番のトークテーマ「最後の晩餐は何がいいか」で白熱のバトルを繰り広げた。

 タレントのナジャ・グランディーバが「最後の晩餐に家のごはんはありえへん!」と豪語。これにJOYが「僕は絶対、家ですね。妻の(わたなべ)麻衣ちゃんが作る豚汁。これに尽きます」と反論した。

 ナジャは「家のカレーとかよく言う人いてるけど、そんなことないって!明日死ぬんですよ?一番おいしい肉食べたい。シャトーブリアンを食べたいんですよ。本当に家のご飯でいいんですか?」と持論を展開し、自身の最後の晩餐には、行きつけの焼き肉店のシャトーブリアンを指名。「考えてみて?仏壇にお母さんが“あの子、家のカレー好きやったな”と供えてくれるかもしれへんやん。また家のカレーやで?」と言って、笑わせた。

 それに対し、妻の豚汁を挙げたJOYは「最後は愛のこもった手料理、魂の入った料理じゃないとダメですよ」と熱弁した。海原ともこから「それは奥さんも、めんどいかも。最後に私の豚汁が選ばれたって、プレッシャー」と思わぬ指摘を受けて苦笑い。「愛はいらないんですか?最後に」と問うと、ナジャに「今欲しい、アタシは!最後はいらん」と一蹴された。

 海原ともこも「フォアグラとトリュフの石焼きビビンバ」とお店の一品を最後の晩餐に選び、JOYは劣勢に。さらに、ザ・プラン9の浅越ゴエまでが「家のごはんは最後の晩餐の1個前。夜が最後なら昼に食べたい」とナジャらに加勢し「僕は日本海側でとれたカニを最後の晩餐にしたい」と、ロケで味わった忘れられない味を選んだ。

 ただ、同番組のアンケートでは、家の料理が60%、お店の料理が40%の結果となり、JOYは胸をなで下ろしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年7月6日のニュース