×

上沼恵美子が「世界一嫌いな司会者」古舘伊知郎 「嫌われて当然」過去の言動を謝罪

[ 2022年6月30日 12:08 ]

古舘伊知郎
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの古舘伊知郎(67)が、29日放送のABEMA「デマ投稿を許さない」(水曜後11・30)にゲスト出演。お笑いタレントの上沼恵美子(67)に「もの凄く嫌われている」と明かした。

 視聴者から「上沼恵美子が嫌いな有名司会者は古舘伊知郎」という投稿が番組に寄せられると、古舘は「完全に本当です」と認めた。続けて「1年以上前にネットニュースで、生島ヒロシさんが関西の上沼さんの番組に出たときに“本当にあなたはいい人、あなたのことは好きなんだけど、あなたの年格好から想像する私の世界で一番嫌いな司会者がいるの。その男の顔を思い出すからたまらない”って上沼さんがおっしゃっていた。それは明らかに俺だとわかった」という。

 「嫌われて当然だと思う」という原因について、古舘は上沼とともに司会を務めた94、95年の「NHK紅白歌合戦」にあると分析。「関東と関西の壮絶な舌戦、みたいなのがコンセプトだった。それに忠実にのっかったつもりでいたんだけど、僕の配慮が欠けていたのが、上沼さんはもの凄いアウエー感覚で来たということ。上沼さんは関西で女王であろうがなんであろうが、俺がホームの東京で、調子に乗ってしまった」と反省し「若かったし調子づいていた。上沼さんがノリで言ったことに対してムカっとしてしまって。紅白が終わった後もピキピキしてしまった」と後悔していた。

 そんなことがありながらも、紅白後に何度か関西の番組に呼ばれたというが「俺は逃げたんだよね。行けば和解できたかもしれないのに、なんか逃げちゃったんだよね、大人げなく…」といい「本当に申し訳ない限り」と重ねて反省を口にした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年6月30日のニュース