×

ダービーでも“粗品の呪い”やっぱり発動…本命馬の単勝勝負も4着

[ 2022年5月29日 16:00 ]

霜降り明星の粗品
Photo By スポニチ

 29日に行われた競馬のG1・日本ダービー(東京競馬場 芝2400メートル)でも“粗品の呪い”が発動した。

 お笑いコンビ「霜降り明星」の粗品の“友達”こと「生涯収支マイナス1億円君」(マイ億君)が28日に自身のYouTubeチャンネルで発表した本命馬はダノンベルーガだった。

 これまで3連単フォーメーションで勝負してきたが、28日には単勝勝負を明言。1番人気に支持されたダノンベルーガだが、直線で伸びきれずに4着に終わった。

 本命馬がことごとく沈むため、巷で“粗品の呪い”と恐れられているマイ億君の予想。22年のG1の本命はフェブラリーSがエアスピネル9着、高松宮記念がダイアトニック14着、大阪杯では昨年の年度代表馬エフフォーリアが9着となり、桜花賞ではラブリイユアアイズが最下位18着。皐月賞は逃げ馬デシエルトがスタートでつまずくまさかの展開で16着に沈み、天皇賞(春)はマカオンドールが11着、NHKマイルCではキングエルメスが6着だった。ヴィクトリアマイルは1番人気レイパパレが12着に沈み、オークスはナミュールが初めて馬券内の3着に入ったが、馬券は外れている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年5月29日のニュース