×

ミス日本グランプリは河野瑞夏さん ありのまま…摂食障害の姿公表、希望のインフルエンサーに

[ 2022年1月25日 05:30 ]

第54回ミス日本コンテスト2022 ( 2022年1月24日 )

グランプリを受賞し、笑顔でトロフィーを持つ河野瑞夏さん(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 日本女性にふさわしい心と健康的な美しさを競う「第54回ミス日本コンテスト2022」(スポーツニッポン新聞社後援)が24日、東京・新宿の京王プラザホテルで開かれ、国際基督教大教養学部3年生の河野瑞夏さん(21)がグランプリに輝いた。摂食障害の経験を踏まえ、自分と向き合い、個性を愛する大切さを実感。「自分らしさから広がる可能性を発信したい」と目を輝かせた。

 グランプリで名前を呼ばれた瞬間、河野さんは胸に手を当て一礼。落ち着いた様子に見えた、その時の心境を「あっ、私なんだ、と客観視していた」と振り返った。それでも壇上では「ミス日本」という栄冠の重圧を感じるとともに、受賞の実感も湧いてきて、自然と笑みがこぼれていた。

 過去のつらい経験がグランプリ受賞の原動力となった。大学1年の時に摂食障害を経験。症状が強い時は、糖質摂取が怖くて、水分しか口にしない日もあった。身長1メートル71ながら、体重は一時30キロ台にまで落ち込んだ。その原因を「痩せることで人に認められる、生きやすいと思ってしまっていた」と話した。

 他人と比較したり、周囲の視線を気にしていた河野さんだが、大会を通して「自分を知り、その自分と向き合うこと」を意識。SNSでは痩せ細った体の写真までさらけ出した。同じ悩みを抱えるフォロワーからの「勇気づけられた」という声にも背中を押された。現在も摂食障害は完治していないが、それも弱さと受け止めて、自分らしく生きる強さを身につけた。和田あい大会委員長(38)も「今日はスッキリとした表情で伝えていて、つらい過去を消化できていた」と、今大会を通しての河野さんの成長を評価した。

 一番近くで支えてくれたのが母の英理子さん(49)。選考が進むにつれて家庭内でも変化があったとし「“自分の持っているもので何ができるか”という考えに変わっていき、楽しんで大会に取り組めるようになっていった」という。

 大会を通して、ありのままの自分を受け入れることに“幸せ”を感じた河野さん。将来は、趣味の映像制作などを生かして、見た人に自己と向き合うきっかけを与え、心を健康にさせるようなメディアを立ち上げたいと考えている。そのために「ミス日本の活動を通じた人々との出会いを大切にし、そこで得た学びを役立てていきたい」と誓った。

 目標は「人に希望を与えるジャーナリスト」。夢に向かって、ミス日本として“幸せ”を広く伝えていく。

 《副賞は100万円》河野さんには副賞の賞金100万円に加え、スポニチ特別賞トロフィー、スリムビューティハウスと番町美容歯科の1年間無料トータルケア、筑波乳業のアーモンドミルク1年分、IBF国際美容連盟の「1日プライベートフォトセッション権」などが贈られた。各賞受賞者にもスリムビューティハウス1年間無料、アーモンドミルク1年分が贈られた。

 ◇河野 瑞夏(こうの・みずか)2000年(平12)8月18日生まれ、東京都出身の21歳。特技は英会話とダンス。趣味は映像制作。座右の銘は「beauty begins the moment you decide to be yourself」。モデル活動もしており、2020年にはパンテーンのCMにも出演。1メートル71。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月25日のニュース