×

丸田佳奈 コロナ感染者増加に「普通の受診が出来なくなるかも知れないと考えながら感染対策を」

[ 2022年1月13日 15:45 ]

丸田佳奈公式インスタグラム(@kanamaruta)から
Photo By スポニチ

 タレントで産婦人科医の丸田佳奈(40)が13日、TBS系情報番組「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」(月~金曜後1・55)に出演。東京都が同日に新型コロナウイルスのモニタリング会議を開き、専門家は現在の増加ペースが続いた場合、直近7日間を平均した1日当たりの新規感染者数が20日時点で9567人になるとの試算を示したことに言及した。

 東京iCDC(東京感染症対策センター)専門家ボードの賀来満夫座長は「近いうちに1万人を超えることは現実的に起こり得る。先手を打って十分に備えることが肝要だ」と指摘した。都はまた、新型コロナに関する独自の警戒度について、感染状況のレベルを2週連続で引き上げ、4段階のうち上から2番目とした。医療提供体制のレベルも引き上げ、上から3番目とした。12日時点では、直近7日間を平均した1日当たりの東京の新規感染者数は1148・7人。入院患者は954人(重症者4人)で病床使用率は13・7%。

 丸田は「感染者数だけでパニックになる必要はないとは思うんですが、ただ当たり前のように増えてくれば、中には重症化する可能性が高い方、ハイリスクの方がいらっしゃいますし、そういった方々が重症化しないようにフォローという態勢も必要になってきます」と指摘。そして「例えば宿泊療養施設や自宅療養でしっかりと重症化しないかどうか見極めるということが大切になりますが、そこへの人員も必要になってきますし、もちろんどこでやるのかとかそういったことが必要になってきます。それがこの後来ますから、今(病床使用率が)13・7%、(重症病床使用率が)0・8%ですけど、少しはもちろんこの後上がります」とし、「皆さん、気を付けていただきたいのは、今後、例えばうちのおじいちゃん、おばあちゃん、なかなか普通の受診が出来なくなるかも知れない。そういうことを考えながら感染対策をする必要があるってことですね」と自身の考えを話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月13日のニュース