×

橋下徹氏 今後の対コロナ「ゼロ・コロナからウイズ・コロナ、いかに医療態勢でバックアップしていくか」

[ 2022年1月13日 10:33 ]

橋下徹氏
Photo By スポニチ

 元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(52)が13日、フジテレビの情報番組「めざまし8(エイト)」(月~金曜前8・00)に出演。国内で12日、新たに1万3244人の新型コロナウイルス感染者が確認されたことに言及した。

 1万人を上回るのは流行「第5波」が猛威を振るった昨年9月9日以来、約4カ月ぶり。内訳は東京2198人、大阪1711人、沖縄1644人など。長野、和歌山、山口、愛媛の4県で過去最多を更新した。東京では感染者のうち9割超が、感染力が強いオミクロン株で、年明け以降の急速な拡大を裏付けた。

 MCの谷原章介から「オミクロン株に対する対策。何を重視すればいいですか?」と聞かれた橋下氏は「この番組でも繰り返し言わさせてもらってますけれども、感染者数を抑え切るってことは無理だという前提と、それから今までのいろんな症例を見る限りの重症化率だとか致死率なんかを見て、これは医療態勢でしっかりバックアップしていく、これにつきると思います」と自身の考えを述べた。

 そして「今、岸田政権が徐々に徐々に感染者(数)を抑えていく、いわゆるゼロ・コロナ型からウイズ・コロナ型、いかに医療態勢でバックアップしていくか、それから濃厚接触の範囲を絞っていくか、在宅医療、宿泊施設の方の療養でいかに対応していくか、これに尽きると思いますね」と言い、「ですからなるべく入院というのは必要最小限に絞って、いざ容体が急変した時にしっかり対応できるような余力を残しておく、これがすべてだと思いますね」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月13日のニュース