実際は…芦田愛菜&宮本信子“58歳差の親友”演じる 来年公開予定「メタモルフォーゼの縁側」

[ 2021年11月25日 06:00 ]

58歳差の親友を演じる芦田愛菜(右)と宮本信子
Photo By 提供写真

 女優の芦田愛菜(17)が、来年初夏公開予定の映画「メタモルフォーゼの縁側」(監督狩山俊輔)で、宮本信子(76)と“58歳差の親友”を演じる。

 数々の漫画賞を受賞した鶴谷香央理氏の同名作品が原作。人付き合いが苦手で、こっそりBL(ボーイズラブ)漫画を読むのが楽しみな17歳の女子高生を芦田が演じる。宮本は夫に先立たれて寂しい日々を送る75歳。偶然出合ったBLに魅了され、主人公と友情を育んでいく。

 実年齢は59歳差。11年公開の映画「阪急電車」では宮本の孫役だった芦田は「今回はお友達役としてご一緒できてとてもうれしかった」とコメント。宮本は「10年前は私の手の中に小さな手がスッポリ入ったんです」と成長に目を細めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年11月25日のニュース