浜崎あゆみ 帝王切開への偏見に「私は自分のお腹の傷を愛おしく誇りに思う」

[ 2021年10月25日 12:15 ]

浜崎あゆみ
Photo By スポニチ

 5月1日に会員制ファンクラブサイトで第2子を出産していたことを報告した歌手の浜崎あゆみ(43)が24日、自身のインスタグラムで、帝王切開で我が子を出産していたことを明かした。

 「I’m a C-section mom(私は帝王切開のママです)」などと記し、帝王切開への偏見に抗議する英文とイラストが入った画像を投稿。浜崎も「I’m a C-section mom」と記し、自身も帝王切開での出産であったことを明かした。

 そのうえで「気が気じゃない10ヶ月を過ごしたのちに、命懸けでこの世に新たな生命を誕生させる術に、どれが正しいとか間違いとか、楽だとか大変だとかない。ましてやそれを他人がジャッジするなんて事が無い世の中になって欲しいなぁ」と持論を展開。「私は自分のお腹の傷を愛おしく誇りに思う」とつづった。

 浜崎は19年11月に男児を出産。2人の子供の父親は年下の一般男性で、現在も結婚はしていないとみられる。第2子の性別や具体的な出産時期など詳細は明らかにしていない。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年10月25日のニュース