×

野々村友紀子氏 岸田新総裁への期待、お好み焼きソースに例える「渋いチョイスをされていて…」

[ 2021年9月30日 17:58 ]

東京・赤坂のTBS社屋
Photo By スポニチ

 放送作家の野々村友紀子氏(47)が30日、TBS系情報番組「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」(月~金曜後1・55)に出演。自民党・新総裁になった岸田文雄前政調会長(64)についてコメントした。

 自民党は29日、総裁選の投開票の結果、岸田氏を第27代総裁に選出した。岸田氏が1回目の投票で1位だったものの、過半数に達せず2位の河野太郎行政改革担当相(58)との決選投票を実施。岸田氏が勝利した。総裁任期は2024年9月末までの3年間となる。

 MCでフリーアナウンサーの石井亮次(44)から「野々村さんどうですか?新総裁岸田さん」と問われた野々村氏は、「明日から値上げも始まるじゃないですか。ガス代も電気代も上がっていきます。そんな中で賃金上がらない、給料上がらないっていうのもいかにどうしていくか。議員の皆さんの中で良い総理っていうだけじゃなくて、やっぱり国民もみんなが良い総理だなって思えるような政策をしっかりやってほしいなと思いますし…」とコメント。

 さらに、「昨日奥様が『お好み焼き作って待ってます』みたいな感じでお好み焼き食べてはった。で、それを岸田さんツイッターに載せてはりましたけど、ミツワソースっていう私オタフクくソースやと思ってたんですけど、ミツワソースという渋いチョイスをされていて、色々使い分けてらっしゃるみたいなので、そういうなんか渋い人事というか新しい人事というか、私たちがびっくりするような『オタフク派じゃない。ミツワ派どうなん』と思わせるような人事も期待しています」と述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年9月30日のニュース