有村昆、丸岡いずみと離婚 5月にラブホテル密会報道、自ら切り出し「けじめ」

[ 2021年7月30日 05:30 ]

有村昆(右)と丸岡いずみ
Photo By スポニチ

 映画コメンテーターの有村昆(45)とフリーキャスターの丸岡いずみ(49)の協議離婚が成立したことを29日、所属事務所が発表した。この日、都内の区役所に離婚届を提出。2人は連名で「2人で話し合いを重ねた結果、お互いの生き方を見つめ直すために別々の道を歩むことになりました」とコメントした。

 今年5月、有村がセクシー美女とラブホテルで密会したと報じられ、LINEで「僕はアゲチン」などと執ように口説いていたことが明らかになった。事務所関係者によると、離婚を切り出したのは有村。「火遊び報道を受け、けじめのためにと申し出た」という。丸岡に離婚の意思はないとされていたが、一度入った亀裂は、修復し切れなかったようだ。

 3歳の長男の親権は有村が持つ。2人は「子供はかけがえのない宝ですので、今後とも協力して子育てにあたっていく所存」としている。慰謝料や財産分与については明らかにされていない。

 2人は12年8月に結婚。うつ病を発症した丸岡を有村が支えてのゴールインだった。その後、不妊治療に取り組み海外での代理母出産で長男が誕生。「ベストカップルアワード」を受賞するなどおしどり夫婦として知られていた。

 有村はラブホ密会騒動で、芸能活動を自粛。テレビやラジオのレギュラー番組5本を降板した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年7月30日のニュース