人気ユーチューバー・カルマ、親交のあるバド桃田賢斗にエール「楽しんでもらいたい」

[ 2021年7月25日 15:50 ]

エイベックス入りを発表したカルマ
Photo By スポニチ

 ユーチューバーのカルマ(24)が25日、東京・南青山のエイベックス本社で記者会見し、同社と専属契約を結んだことを発表した。

 2018年からYouTube投稿を開始。チャンネル登録者数は160万人を誇っており「個でできることはやり切ったので、組織の力が必要だと思った。切磋琢磨して新しい時代を切り開いていきたい」と同社に所属し、俳優や歌手など幅広いジャンルで活動していく意向を示した。

 親しいバトミントン日本代表の桃田賢斗(26)は「いつも天真爛漫なキャラで元気付けられています。いつか一緒にバトミントンできたら嬉しいです。その前にご飯も行きましょう。稼いでいると思うのでおごってください」とビデオメッセージを寄せた。

 今年2月にユーチューバーデビューした桃田はカルマが憧れの存在で、昨年にSNSのダイレクトメッセージ(DM)でのやりとりをきっかけに親しくなった。この日朝もLINEで「試合がんばってください」「記者会見がんばってください。お互いがんばりましょう」とエールを送り合ったという。カルマは「一番の金メダル筆頭候補だと思うので、何より楽しんでもらいたい。出し切ってもらいたいです」と期待した。

 また、会見には、カルマを中学生時代から知っている“育ての親”のような女優、とよた真帆(54)もサプライズで登場。「ユーチューブでは破天荒なキャラで若者に元気を与えているカルマが芸能界に入って、俳優になるのか、歌手になるのか、世界に羽ばたくのか。頑張って!芸能界は怖いわよ」と激励した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年7月25日のニュース