アンジュルム伊勢鈴蘭が新型コロナ感染 喉の不調や微熱訴えライブ欠席「体調は安定」

[ 2021年7月25日 22:05 ]

伊勢鈴蘭
Photo By スポニチ

 女性アイドルグループ「アンジュルム」の伊勢鈴蘭(17)が新型コロナウイルスに感染したと25日、所属事務所が公式サイトで発表した。この日朝、喉の不調や微熱を訴えたため、名古屋国際会議場センチュリーホールで行われたハロー!プロジェクトのコンサートを欠席。PCR検査の結果、陽性と確認された。現在、体調は安定しているが、治療に専念する。

 「今朝、本人より喉の不調や微熱等の症状があると報告があったため、コンサートをお休みし、その後、病院にてPCR検査をしたところ新型コロナウイルスの陽性であることが確認されました。現在、体調は安定しておりますが、今後は保健所・医療機関の指示の下、治療に専念致します」と報告。

 「仕事関係者、ファンの皆様にはご心配、ご迷惑をおかけいたしますこと、心よりお詫び申し上げます。なお、今後行われるコンサート・イベントの出演に関しては、決まり次第改めてお知らせします。今後も関係者の皆様、所属タレント及び社員の安全確保を最優先し、引き続き、感染対策を徹底してまいります」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年7月25日のニュース