×

山里亮太 ラジオリスナーの東京パラ代表内定に歓喜 開会式で「パンツ」の約束実現へ

[ 2021年7月8日 10:47 ]

「南海キャンディーズ」の山里亮太
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(44)が7日深夜、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「山里亮太の不毛な議論」(水曜深夜1・00)に出演。同番組のリスナーが東京パラリンピックの日本代表に内定し、大喜びした。

 視聴者からのメールを紹介する「ふつおた」のコーナーで、「以前、配信イベントで一緒させていただいたパラローイングの有安です。あの時、ボス(山里)にサインしてもらった例のパンツ役に立つ時が来たようです。不毛リスナーのわたくし、パラ東京五輪の日本代表に内定しました!」と喜びの報告が寄せられた。

 投稿主はボート競技「パラローイング」の有安諒平(34)。昨年イベントで共演し、有安のリクエストに応えて山里は喜んで競技用のパンツにサイン。山里は「パンツ見せてね!」と、開会式でのパフォーマンスをお願いした経緯があった。

 有安の報告に、山里は「うれしいわあ!有安選手!」と歓喜。「約束したとおりサイン入りパンツ、こっそり履いて開会式に出てきます!」と記された報告を紹介し、「見てっからね開会式!今どうなるか、お客さん入るかどうか。行けるなら見に行きたいせっかくチケット持ってるからなあ。見に行きたい」と語った。

 「ボスのパンツを装備した有安はパワーをもらってガンガン漕いできます。不毛万歳!」という有安の報告に、山里は「俄然楽しみが増えた。ぜひ頑張っていただきたい!」と熱烈な声援をおくった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年7月8日のニュース