村主章枝さん、コロナワクチン接種「打つか悩んでいる」も「打つ方が怖い」

[ 2021年5月24日 03:04 ]

村主章枝さん
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートのトリノ五輪日本代表・村主章枝さん(40)が24日、自身のツイッターを更新し、新型コロナウイルスワクチン接種を受けるか悩んでいることを明かした。

 村主さんは「私は、ワクチンを打つか悩んでいる」とし「打つ方が怖いです」と心情を記した。打つ方が怖いという理由に「臨床試験を長い期間していないし、後々問題になる事がアメリカの薬は多い。妊婦さんが流産しているケースも聞く」と挙げた。

 また「ワクチン接種は、個人の自由と思うが、ワクチンを打たないと悪みたいな風潮があるアメリカにいると、何か違う意図を感じてしまう」とつづった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月23日のニュース