声優・神谷浩史「感動しちゃった」 TVで中居正広と共演「技術を目の当たりにしてスゲーな!と」

[ 2021年5月23日 22:10 ]

 声優で歌手の神谷浩史(46)が22日深夜に放送された文化放送「神谷浩史・小野大輔のDearGirl~Stories~」(土曜深夜1・00)に出演。タレントの中居正広(48)を絶賛した。

 中居が番組MCを務めるTBS「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜後8・57)の今月7日放送回は「中居VS最強声優事務所SP」として放送され、声優400人が所属する業界最大手「青二プロダクション」から「今絶対に知っておくべき24人」として人気声優がスタジオに集結。神谷はそのうちの1人として出演した。

 この日はその時の感想を求めるリスナーからの要望が。これに神谷が応じたもので、オンエアは見ていないと前置きした上で「僕、ほんとスゲーな!と思ったのは…中居正広さんってほんっとすごいね!」と第一声。中居はスタジオ入りして出演者に挨拶、着席し、本番の合図があった瞬間から「もうず~っとあのテンション。最初っから最後まで、もうスタジオに入ってきた瞬間から中居さんは中居さんで。常にカメラ回されてても何の問題もない」と証言した。

 そして、「僕らなんてさ、このスタジオでこのマイクに向かってるからちゃんとしてるけど、そうじゃなかったらさ、1ミリもダメじゃん。だらしねーし。(オンエア以外で)言ってることなんか放送できないし。見せちゃいけない部分っていっぱいある」と冗談めかしつつ「(中居は)全然ないのね。もう、どこをどう切ってもちゃんと成立するようにしゃべるし」と中居の卓越したMCとしての手腕に尊敬の念を隠さなかった。

 声優として本職のアフレコ現場などではもちろんきっちり仕事をこなすことはできる。だが、慣れないバラエティで「椅子に座ってマイク向けられて仕事できるかって言ったら僕らの仕事場じゃないからできないんですよ、ハッキリ言うと。言い訳に聞こえてたらごめんなさいね。でも、僕ら声優だから。そういう仕事じゃないわけ。僕らは向いてないの、まず」と神谷。その上で「僕らのたどたどしいコメントも全っ部、中居さんが拾ってくれて。全部成立するようにしゃべってくれてっていう技術を目の当たりにしてスゲーな!と思って。感動しちゃった」としみじみと話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月23日のニュース