「紀州のドン・ファン」元妻を殺害容疑で逮捕 事件前にネットで「覚醒剤」調べる 和歌山県警

[ 2021年4月28日 09:27 ]

「紀州のドン・ファン」野崎幸助さん
Photo By 共同

 和歌山県田辺市の資産家で「紀州のドン・ファン」と呼ばれた酒類販売会社の元社長、野崎幸助さん=当時(77)=に2018年、多量の覚醒剤を摂取させて殺害したとして、県警は28日、殺人と覚醒剤取締法違反の疑いで、妻だった須藤早貴容疑者(25)を逮捕した。捜査関係者が明らかにした。

 自身の女性関係や半生を著した本を出版し、欧州のプレーボーイになぞらえられた野崎さんの不審死から約3年。県警は、年が50歳以上離れ、死亡の約3カ月前に結婚したばかりだった須藤容疑者が関与していたとみて捜査を続けていた。

 県警は、28日朝に東京都内の自宅で逮捕した。和歌山県に移送した。同日午前、田辺署で記者会見する。

 野崎さんは18年5月24日、田辺市の自宅で死亡、体内から多量の覚醒剤成分が検出された。捜査関係者によると、須藤容疑者は野崎さんを急性覚醒剤中毒に陥らせ、殺害した疑いが持たれている。

 捜査関係者によると、須藤容疑者は事件前にインターネットで覚醒剤について調べていた。

 県警などによると、野崎さんの死亡推定時刻は同日午後9時ごろ。当時、自宅には須藤容疑者がいたとされる。防犯カメラの映像から、何者かが外部から侵入した可能性は低いとみられていた。

 野崎さんの遺体に注射の痕跡がないことなどから、県警は何らかの方法で口から摂取した疑いがあるとみて捜査していた。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月28日のニュース