「Travis Japan」メンバー6人がコロナ感染 中村海人は昨年末に続き2度目陽性

[ 2021年4月28日 22:10 ]

ジャニーズ事務所
Photo By スポニチ

 ジャニーズ事務所は28日、ジャニーズJr.の7人組「Travis Japan」の宮近海斗(23)、中村海人(24)、七五三掛龍也(25)、吉澤閑也(25)、松田元太(22)、松倉海斗(23)のメンバー6人とマネジャー1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

 グループは26、27日に札幌市の札幌文化芸術劇場hitaruで公演を予定していたが、吉澤が26日の北海道到着後に体調不良を訴えた。39度近い発熱と倦怠感の症状だったことから、コロナ禍であることを踏まえて札幌公演を中止。メンバー全員とマネジャーがPCR検査を受けたところ、28日にメンバー6人とマネジャーの新型コロナ感染を確認、川島如恵留(26)は陰性だった。当初に比べて吉澤の症状は落ち着き、他のメンバーはコロナの症状はないという。

 今後は保健所の指導の下で療養、経過観察をするという。「濃厚接触者の特定により、該当者が確認された場合には、個別に状況をお伝えし、保健所の指示を仰いでいただきますよう、漏れなくご連絡してまいります」としている。

 メンバーの中村は昨年12月にも新型コロナに感染。同事務所が定期的に実施しているPCR検査で12月21日に陽性が判明し、発熱、喉の痛み、倦怠感の症状が報告されていた。年明けの1月16日に陰性が確認され、同18日に活動を再開していた。

 グループは5月4、5日に宮城県の仙台サンプラザホール、同8、9日には愛知県の名古屋国際会議場センチュリーホールで公演を予定していたが、いずれも中止となった。

 同事務所は「これまで弊社では、症状の有無にかかわらず全タレントとスタッフに2週間から3週間に一度、PCR検査を実施してまいりましたが、今後はそれに加えて、主催公演の開催前には必ずPCR検査を実施し、陰性であることを確認した上で開催することを徹底してまいります」としている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月28日のニュース