×

IQプロジェクト研究生3rd公演で9人昇格 LinQ大空莉子「爆弾みたいな存在に」

[ 2020年12月17日 05:30 ]

LinQ新メンバー(左から)大空莉子、有村南海、黒田れい(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 12月上旬に福岡市内でIQプロジェクト研究生の3rd(サード)公演「NORUKA!SORUKA!FINAL」が行われた。正規メンバー昇格をかけた公演でLinQメンバー3人、トキヲイキルの新ユニット3人、ディアステージとの「ディアIQ東福合同ユニット」の3人を選出した。公演を振り返り、今後の夢を聞いた。

 アイドルやモデル、タレント、女優を目指すジョブ・ネット所属の「候補生」たち。これがIQプロジェクト研究生を構成するメンバーだ。夢をかなえるためには、正規グループへの昇格が必要。今年7月から行われた「IQプロジェクト研究生」の3rd公演は、1st(ファースト)公演以来、約2年半ぶりに昇格テストを兼ねたステージだった。

 動画配信サイトSHOWROOM(ショールーム)で無料配信された3rd公演に臨んだのは15人の研究生。毎週のようにLinQ、トキヲイキル、ディアIQから課題曲が提示されパフォーマンスした。朝日奈凛佳(15)は「(公演ごとに)歌割り、立ち位置、メンバーが違ったりするので難しかったです」と振り返った。

 投票システムで募ったファンの声も、選考に反映された。こうしてLinQ、トキヲイキル新ユニット、ディアステージとの“合同ユニット”に計9人のメンバーが昇格した。

 LinQには大空莉子(14)、有村南海(12)、黒田れい(14)の3人が仲間入りした。大空は1st、2nd(セカンド)、3rdと全ての公演に出演。メンバーで唯一、皆勤賞の“鉄人”だ。「意識はしていました」と、うれしそうに話す。性格は控えめと自己分析し、「小学生のころはあいさつも、ままならなかった」と振り返る。配信や写真撮影は苦手だったが、得意なメンバーから吸収し克服した。特技はダンス。「爆弾みたいな存在になりたい」と独特の表現で誓った。

 小学6年生の有村は、自身の自己紹介「あなたの心にビッグウエーブを」を引き合いに「LinQでも新しい波を起こしたいです」と初々しく決意した。元気印の黒田は「うれしいけど、油断したら駄目だと思う」と慢心はない様子。「ダンスが得意です。応援していただいているので、期待に応えたいです」と話した。3人は、来年4月のLinQ10周年で初ステージの予定。節目を迎えるグループに、フレッシュな風を起こしてくれそうだ。

 〇…トキヲイキルの新ユニットには朝日奈凛佳(15)、神崎美晴(20)、野乃山桃未(15)の3人が選出された。歌をメインに活動していく予定。現在トキヲイキルで活動する岩本琴音(20)、藤松宙愛(18)の2人に、さらに数人を加えたグループになる予定だ。
 朝日奈はLinQの小学生ユニット「LinQkIDS」出身。「感謝の気持ちを忘れずに、最高のグループをつくりたい」。神崎は「ステージを照らせるような存在になりたい」。野乃山は「驚きが一番強かったです」と心境を語った。「何事にも挑戦していきたい」と話した。
 選出された3人は「どこよりも、負けないグループになろうね」と誓い、来年2月のお披露目に向けて鍛錬を積む。

 〇…大きな可能性を秘めている。「でんぱ組.inc」などが在籍するディアステージとの合同ユニット「ディアIQ」には岩坂祐里(17)、橘杏來(14)、青山詩(14)が昇格した。東京で選ばれる3人(来年1月発表予定)を加えた6人で活動していく。日本のみならず、アジアまで届く(飛び込む)アイドルグループを目指す。
 岩坂は「IQプロジェクトの台風の目になりたい」と誓った。癒やし系の橘は、ダンスは誰にも負けない自信があるという。「グループの芯になって引っ張っていきます」と頼もしかった。おっとりタイプの青山は「このグループができたことを、たくさんの人に知ってもらいたいです」と話した。東京アイドルフェスティバル「TIF」など大きなステージで活躍することを目標に掲げた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2020年12月17日のニュース