フジ皇室担当・橋本寿史氏 眞子さまと小室さん、儀式を行わずに結婚される可能性に言及

[ 2020年11月30日 08:48 ]

フジテレビ社屋
Photo By スポニチ

 フジテレビの皇室担当の橋本寿史解説委員が30日、同局「とくダネ!」(月~金曜前8・00)に出演。秋篠宮さまが同日に55歳の誕生日を迎えられ、これに先立ち、東京・赤坂御用地の赤坂東邸で記者会見し、長女眞子さま(29)の結婚について「認める」と述べたことについてコメントした。

 秋篠宮さまは「認める」と述べる一方で、「私の主観になりますけれども、決して多くの人が納得し、喜んでくれている状況ではない」との認識を示した。13日に発表された眞子さまと小室圭さん(29)の結婚への強い決意をにじませた文書を踏まえた上で「婚姻は両性の合意のみに基づく」とする憲法の規定を挙げ「本人たちが本当にそういう気持ちであれば、親としてはそれを尊重するべきだ」と述べた。だが、小室家の金銭トラブルを念頭に「見える形」での対応が必要とした。会見の最後に「結婚と婚約は違いますから」と述べたが、この発言についての具体的な説明はなかった。

 橋本氏は、秋篠宮さまの「結婚と婚約は違いますから」との発言について「結婚はできるが婚約に当たる納采の儀ができず、それ以降の結婚に関連した儀式が一切できない」という意味だと解説。そして「納采の儀のあとにも、結婚の日取りを女性側に伝える告期の儀とか、最後に両陛下にごあいさつする朝見の儀といった主なものがありますし、行われる儀式が納采、いわゆる婚約ができなければそれ以降というのも行えないという形になってきます」と、眞子さまと小室さんは儀式を行わずに結婚される可能性があると指摘した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年11月30日のニュース