小倉智昭氏 都のコロナ感染者67人、経済優先か自粛か「人によって受け止め方が違う」

[ 2020年7月2日 08:42 ]

キャスターの小倉智昭氏
Photo By スポニチ

 キャスターの小倉智昭氏(73)が2日、MCを務めるフジテレビ「とくダネ」(月~金曜前8・00)に出演。東京都が1日に新型コロナウイルスの感染者が新たに67人報告されたと発表したことに言及した。

 6月28日の60人を超え、緊急事態宣言解除後の最多を更新。ホストクラブなどの夜の繁華街関連は27人で、池袋エリアでは同一店舗での集団感染11人を含む13人の感染が確認された。菅義偉官房長官は、緊急事態宣言を巡り「直ちに再び出す状況に該当するとは考えていない」と強調。東京の状況に関し「感染者が確認された飲食店での濃厚接触者に、積極的に検査を行った結果だ」と説明した。

 小倉氏は「昨日、感染者や犠牲者の多かった永寿総合病院(東京都台東区)が謝罪をしましたけども、受け止め方は人によって違う」と指摘。その上で「例えば高齢者はリスクが多いし、院内感染で犠牲になる人も多い。高齢者の皆さんにとっては少しでも長生きしたいから、経済よりも私はそっち(自粛)が大事だよって言う人が多いと思う。人によって受け止め方が違うんで、政府がどう判断して(緊急事態宣言を)出すんなら出すかっていうことでしょうね」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月2日のニュース