志らく コロナ接触確認アプリに「6割近くは使わないと…何かいいエサをぶら下げないと」

[ 2020年6月22日 11:45 ]

落語家の立川志らく
Photo By スポニチ

 落語家の立川志らく(56)が22日、TBS「グッとラック!」(月~金前8・00)で、政府の新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」についてコメントした。

 19日から運用が始まったCOCOAについて、志らくはダウンロードも「まだしてないです」状況。今後利用するかどうかを問われ、「もちろんするべきだとは思います」と言いつつも、操作方法なども含め「こういうのはもの凄く疎くて。ダウンロードの仕方も分からない」と苦笑いした。

 COCOAに対する同局系列のJNN世論調査の結果にも触れ、「6割近くは使わないと言っているんですよ。これを逆転させるには、何かいいエサをぶら下げないと…絶対無理でしょ」と指摘。

 一部アジアの国や地域では強制的に制度化しているが、「この国ではちょっと難しいですね。プライバシーの問題いろいろありますから」と述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月22日のニュース