壇蜜の前世は壮絶死?「『お菓子が食べられなくて餓死した人』みたいな執着心」

[ 2020年6月22日 20:07 ]

タレントの壇蜜
Photo By スポニチ

 タレント壇蜜(39)が22日夜放送の文化放送「壇蜜の耳密」(月曜後7・30)に出演し、自分の前世についての推測を披露した。

 執着心を持っているものをテーマにしたトークで、壇蜜は「お菓子とにおい。動物のにおいもそうだけど、自分にまつわるにおいに執着します」と語った。甘い物が好きな壇蜜は、ラジオ番組にもよくスイーツを差し入れするという。差し入れする菓子も、「袋菓子で個包装していないものは論外」としているそうで、こだわりを明かした。

 そんな中で、菓子好きになった理由を「お菓子って昔、食べられなかったとか、制限されてた記憶が一切ないんです。お菓子を持って来てもOKな学校だったし、お菓子を食べられなくて苦労したわけではないのに…」と自問自答した。「『お菓子が食べられなくて餓死した人』みたいな執着心なんですよ。前世が私、たぶん餓死してるんだと思うんですよね。おなかをすかして、行き倒れになっちゃった人なんじゃないかなと思う」とまで思いをめぐらせた。

 なくなると困る菓子を聞かれると、定番菓子「エンゼルパイ」を挙げた。「ファミリーパックとかじゃない、ちゃんと2個入りの箱入りを、何としても火を消さないでお願いします…」と祈るように希望を明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月22日のニュース