伊藤健太郎“泣いてはいけない”「スカーレット」で涙 戸田恵梨香の「ぬくもりがヤバすぎて」

[ 2020年3月18日 11:21 ]

伊藤健太郎
Photo By スポニチ

 俳優の伊藤健太郎(22)が16日深夜のニッポン放送「伊藤健太郎のオールナイトニッポン0(ZERO)」(月曜深夜3・00)で、川原武志役で出演中のNHK連続テレビ小説「スカーレット」(月~土曜前8・00)でカットされた涙のシーンがあることを明かした。

 リスナーから「実際に、あのシーンはどうでしたか?」と質問メールが届いたのは、今月11日放送の第23週「揺るぎない強さ」(第135回)について。戸田恵梨香(31)演じる川原喜美子が、体調不良が続く長男の武志に白血病を告知する場面。戸田は、「ここは泣いてはいけないシーンだと思ったので、『泣くな、伊藤健太郎、ここは泣きどころじゃない!』と思っていました(笑)」と、今にも泣きだしそうな共演者に対して、心の中でつぶやいていたことを番組ブログに記していた。

 伊藤は「あのシーンね、なかなか僕も、武志として演じさせてもらっている中でも、1位、2位を争うぐらいの結構記憶に残っているシーン」だと紹介。「武志の病名は白血病や」と告げられ、自分の余命が3~5年だと知っても平常心を装おうとする武志の頬を、喜美子が手で挟み「死なさへん、絶対に死なさへんからな、お母ちゃんが生かしたる」と包み込むシーンには、ネット上でも「こんなつらい展開ある?」「胸が締め付けられる」などの声が寄せられていた。

 伊藤は、「放送では、あそこで終わってたんですけど、あの後もう1、2分ぐらい長くあるんですよ。実は」と演技がカットされていたことを報告。実際には放送されなかった「最後の方で、泣いてましたね、僕は」と告白した。

「お母ちゃんがすごい、こう…ほっぺを、両方のほっぺを手で押さえてくれていたじゃないですか。それのぬくもりがヤバすぎて。母親のぬくもりみたいなものを凄く感じて」と涙腺が一気に緩んだという。

 さらに、「あの瞬間、凄くお母ちゃんの姿がめちゃくちゃ大きく見えて。心強い『生かしたる』っていう言葉にすごく打たれ。あのシーンは、僕耐えられなかったっていうのもあって。実際は」と、泣いてはいけない場面で涙が込み上げたことを力説。

 カットについては「放送が正解なので、いらない部分ではあるんですけど」と納得している様子だ。

 戸田も番組ブログに「頭で考えるとここは泣いてはいけないシーンだと伊藤さんも分かっていたと思うのですが、感情が勝ってしまうとどうしても涙が抑えきれなくなってしまうんですよね。私にとっても伊藤さんにとっても、素直な気持ちで演じるとこうならざるをえない、という難しさがあるなと思いました」とつづっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年3月18日のニュース