「デューク・エイセス」吉田一彦さん死去、84歳「いい湯だな」「女ひとり」

[ 2020年2月20日 17:00 ]

死去した吉田一彦さん
Photo By 共同

 4人組男声コーラスグループ「デューク・エイセス」のセカンドテナーだった吉田一彦(よしだ・かずひこ)さんが9日午前9時18分、肺炎のため東京都渋谷区の病院で死去した。84歳。大阪府出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は妻己矢子(みやこ)さん。

 1955年結成のデューク・エイセスに57年から参加、黒人霊歌やジャズの曲などを歌った。60年代には永六輔さん作詞、いずみたくさん作曲でご当地ソングを歌う「にほんのうた」シリーズに取り組み、「いい湯だな」「女ひとり」などがヒットした。

 NHK紅白歌合戦に10回出場。2005年には文化庁芸術祭賞優秀賞を受賞した。14年に体調を崩して療養し、15年に脱退。デューク・エイセスは17年に解散した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月20日のニュース