武田梨奈 憧れの武田鉄矢との共演に“号泣”「全身の力が抜けました 夢のよう」

[ 2020年2月20日 16:47 ]

BSテレ東「ワカコ酒 Season5」第1回試写会&記者会見に登壇した武田梨奈
Photo By スポニチ

 女優の武田梨奈(28)が20日、都内で行われた主演するBSテレ東「ワカコ酒 Season5」(4月6日スタート、月曜深夜0・00)の記者会見に出席した。

 アクション女優として知られる梨奈だけに「(アクションの)稽古後にジョッキを持つ手がプルプルしながら飲むお酒が好きです」とニッコリ。最近では、稽古後に焼肉に行くのが定番だそうで「焼肉とビールを飲んでます。ジョッキを持って、(手が)震えなかったらビールは飲まないって決めているんです」とこだわりを明かした。

 2015年にBSジャパンでドラマ第1弾が放送されてから5年、今回が第5弾。「ドラマがこのように長く続くことってありがたいこと。皆さんが見てくださって続くんだなとあらためて実感して、感謝の気持ちでいっぱい。年に1回撮影があるので、親戚が集まるような感覚でやらせてもらっています」と充実感をのぞかせた。

 Season1ではほとんどお酒も飲めなかったというが、最近では一人でお酒をたしなむことも増えたそう。「スナック行きますね。バーとか行くほうがちょっと緊張しちゃう。スナックは一人で来ているお客さんがたくさんいますし、近所のおじさまと一緒に飲んだりしています。皆さん、娘のようにかわいがってくれて、一緒にデュエット歌わせていただいたり。これからもスナックとかいっぱい行こう!」と満面の笑みを浮かべた。

 今シーズンでは、原作コミックスのスピンオフ作品「大衆居酒屋ワカオ ワカコ酒別店」の初の実写化。第6話で「大衆居酒屋若尾」の店主・ワカオ役で武田鉄矢(70)も出演する。梨奈は小学生の頃から鉄矢の大ファンだといい、「ちょっと言葉で軽々しく言えないぐらい重みがあった。最初に武田鉄矢さんに出演オファーをしたと聞いても、あまり信じてなった。撮影日まで期待しないようと思ってました。自分の初めての主演のドラマで武田鉄矢さんがゲストで夢のよう。役名もワカコとワカオ、ごほうびだらけの撮影でした」と感激。2日間の撮影では、言葉を交わさなかったというが、「最後の最後に声をかけてくださって、『人見知りだから全然話せなくてごめんね』って。その瞬間に全身の力が抜けました」と撮影終了後は思わず号泣してしまったという。

 会見では、そんな鉄矢から「番組がいい人を選んでいるなと。彼女は生活感がある。チャンスがあればもっともっと頑張ってほしい」とVTRでエールを送られる場面も。梨奈は「本当に、本当にうれしいですね。結構自分の中にコンプレックスがたくさんあって。同世代の女優さんとかすごくキラキラしていて、芸能界ってこういうところなんだ!と思うことたくさんあるし、あまり向いてないなと思う部分もある。生活感があるってほめてくださったのが凄くうれしいですね」と目を潤ませた。

 月刊「コミックゼノン」で連載中の新久千映氏のグルメ漫画が原作。“酒呑みの舌”を持つ26歳のOL・ワカコがさまざまな場所で女ひとり酒を堪能していく。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2020年2月20日のニュース