志らく 菅官房長官の説明に「追及をかわして、過去のことは国民はきっと忘れちゃうだろうということ」

[ 2019年12月5日 11:58 ]

落語家の立川志らく
Photo By スポニチ

 落語家の立川志らく(56)が5日、MCを務めるTBSの情報番組「グッとラック!」(月~金前8・00)に出演。今年の「桜を見る会」の招待者名簿を巡り、菅義偉官房長官が、内閣府の職員がアクセスして閲覧や修正ができないことなどを理由に、バックアップデータは「行政文書に該当しない」とし公文書ではないと説明、野党議員に提供しなかったことを正当化したことに言及した。

 志らくは「こんなの屁理屈以外の何でもない」と言い、「国民を納得させようとしているとは到底思えない。うまいこと野党の追及をかわして、過去のことは国民はきっと忘れちゃうだろうということ」と指摘した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月5日のニュース