ももクロ歌合戦ゲスト発表 初出場の泉谷「御難続きのNHKを応援するために」!?

[ 2019年11月27日 17:15 ]

「第3回 ももいろ歌合戦」の記者会見に臨む「ももいろクローバーZ」とサプライズゲストの泉谷しげる
Photo By スポニチ

 ももいろクローバーZが、大みそかの12月31日に横浜アリーナで開催する「第3回 ももいろ歌合戦」のゲスト出演者を26日、都内で発表した。

 第1弾発表の初出場者は泉谷しげる(71)をはじめ、m-flo、C&K、私立恵比寿中学、杉山清貴(60)、CHAI、中澤卓也(24)、妃海風、平松愛理(55)、ファンキー加藤(40)、Poppin’Party 和田彩花(25)。応援団長を紅組が野々村真(55)、白組が森尾由美(53)が務める。

 発表の模様はAbemaTVが生中継。メンバー4人が視聴者に見どころなどを解説していると、泉谷が乱入して大荒れ模様となった。

 歌合戦について、ももクロのメンバーたちから「本当に泉谷さん、出てくれるんですか?」と念を押された泉谷は、「当たりめぇじゃねぇか。”しげる”といえば泉谷しげる。松崎じゃねぇ」と強調。ももクロとの共演でおなじみの松崎を引き合いに出して「あいつは(紅白ではなくて)黒だろ」と笑いを誘った。

 さらに裏番組を強烈に意識して「とにかくNHKが御難続きだから。NHK、頑張ろう」と挑発。「だいたいNHKはさ、(紅白の)裏番組に俺たちっていうのは、おかしな話。なんで、こっちが裏なんだよ。こっちから見たら、向こうが裏だよ」とまくし立てた。

 さらに「とにかくNHKは御難続き」と繰り返すと、ももクロのリーダー、百田夏菜子(25)が「もうお帰り!」と声を張り上げて制止。会見の司会者から「歌合戦でももクロと共演というのは、どういう感じなんですか?」と問われた泉谷は、「とにかくNHKのために頑張ります」と続けた。

 大みそかのゲスト出演については既に発表してしまったため、この日のように「もう乱入は出来ないよね、当日ね…」と前置きし、「じゃ、辞退」とボケまくり。

 NHKとの違いについても「NHKはフル尺じゃありませんからね。オレなんか(本番で出番を)強引に5分オーバーして出入り禁止になったんですから」と振り返り、ももクロ版は「フル尺っていうのがいいよね」とアピールした。

 AbemaTVが午後4時15分から10時間ぶっ通しで生中継する。これについても「放送局は大変だよな。何人か逃げ出すヤツがいるんじゃないか」とボソリ。「これ、スマホで見られるんだろ。オレ、ガラケーだから見れないんだよね」と自虐ギャグも放った。

 この瞬間、会見の関連ワードはツイッターのトレンドで国内2位 世界17位に急上昇。「国民的番組だね、もはや」と持ち上げた。大みそかに向けて「御難続きのNHKを応援するために。NHKの職員の方がこれをこっそり見るような、こうすればいいんだ、やっちぇばいいんだというような、そういう勇気のある番組にしたいですね」と抱負を語った。

 令和初開催のテーマは、ラグビーW杯イヤーにちなんで「ノーサイド」。ももクロの4人は百田と佐々木彩夏(23)が白組、玉井詩織(24)と高城れに(26)が紅組にそれぞれ分かれて「対決」する。赤がトレードカラーの百田に対して、玉井は「(この対決に)負けたら、ももクロの赤を名乗る資格はない!」と挑戦状。一方で「赤と白を足して2で割ると桃色になるんですね」とノーサイド精神を強調した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月27日のニュース