武井壮、結婚するなら高嶋ちさ子より“ゴリラ”…本人を目の前に強烈発言の理由とは?

[ 2019年11月25日 22:40 ]

武井壮(左)と高嶋ちさ子
Photo By スポニチ

 タレントの武井壮(46)が25日放送のTBSのトークバラエティー「有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議」(月曜後8・00)に出演。結婚相手に求める条件を明かした。

 武井は「結婚相手は若ければ若い方がいい」とコメント。女性にとってはひんしゅくを買いそうな発言だが、これについては「生物学的に年齢とかだけってことじゃない」と前置きしつつ、「気持ちとか、社会的常識みたいなものが若い方が楽しいし」と、あくまでも気持ちの問題であることを強調した。

 その大きな理由は、結婚相手と「ケンカとか絶対したくない」ため。その上で「大人の社会的常識を身につけて、仕事もよくできる人に叱られるっていうのが一番(自分的に)ダメなんすよ」と、自分が最も毛嫌いするシチュエーションを述べた。

 そこで“一番苦手な人”の具体例として飛び出したのが、本番組の副議長を務める高嶋ちさ子(51)。武井は「女性の怒り声とか、表情とか、仕草とかがもうダメなんすよ。恋心もス―ッと落ち着いちゃうんすよ」と、高嶋との結婚など“ありえない”とばかりにまくしたてた。

 当の高嶋は「(武井さんの)理想がスゴいのかな?」と、逆に武井に尋ねる。しかし武井の意図はそこにはなく「理想とかメチャクチャ幅広いんす。地球上の女性の遺伝子持った人はほぼ全員大丈夫です。どんな生物にも“かわいらしさ”を感じられる」と力説。あろうことか「犬山動物園のメスゴリラにドキッとしたことある。それぐらい大丈夫」と、怒りっぽい性格でなければ人でなくてもOKと言わんばかりだった。

 「ゴリラにドキッとしたのに、唯一ダメなのが高嶋さん!」「ゴリラの方がいいんすよね!」との声が飛び交う中、高嶋は「ゴリラは何にも言わないから。怒らないから」と妙に納得の表情。さらに武井は「ゴリラってメチャクチャやさしいんですよ。一人で手を軸に回ったり、木の棒回したり。スゴくかわいいんです」と、メスゴリラのよさを切々と語った。

 武井はそんな経緯から「無邪気な子供みたいな若さを持った女性といたほうが楽しい」と訴える。しかし、高嶋はそれを聞いて「女性の無邪気は4歳で終わるんです!」と反論。武井はあきれた表情を見せながら「こういうこと言うからイヤなんすよ」とこぼしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2019年11月25日のニュース