ラグビーW杯 日本、史上初8強!日テレも“ウハウハ”高視聴率

[ 2019年11月10日 10:00 ]

<ラグビーW杯>スコットランドに勝利し喜ぶ日本代表
Photo By スポニチ

 【覆面座談会】日本8強の快進撃でラグビーW杯の熱が冷めやらぬ中、チュートリアル徳井義実(44)の1億2000万円の申告漏れや、元五輪スノーボード男子代表の国母和宏容疑者(31)が大麻取締法違反(営利目的輸入)の疑いで逮捕されるなどスキャンダラスな問題も続きました。そんな事件の真相にいつもの覆面メンバーが迫ります!

 本紙デスク ラグビーW杯は盛り上がった。日本はなんと1次リーグを4戦全勝で史上初の8強入り。快挙だよ。

 ワイドショーデスク(以下ワイドデスク) 視聴率も凄かった。準々決勝の南アフリカ戦でNHKの中継が平均視聴率41・6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)ですから。

 リポーター 今年の全番組の中で1位。日曜の夜という数字が狙える時間帯だったとはいえ、いかに日本列島が沸いていたかが証明された。日本テレビが中継した1次Lのスコットランド戦も39・2%。これも凄かった。

 本紙デスク NHKと一緒に中継権を獲得した日テレは、局内がお祭り騒ぎだったらしいよ。“社業”として大会前から関連番組を随分と放送していたからね。

 週刊誌記者 1年前に日テレが19試合の中継を決めた時、局内には“視聴率は取れるのか?”と不安の声があった。前回大会で五郎丸歩がルーティンで注目されたけど、申し訳ないがラグビーは“日陰のスポーツ”だったので。他局も“日テレ大丈夫か”と心配していたよ。

 リポーター 日テレが支払った中継権料は約10億円だったそうです。サッカーのW杯が約500億円といわれる中、かなり“格安”だったようですね。

 本紙デスク それでこの視聴率を叩き出したわけだから、日テレはウハウハだな。4年後のフランス大会は他局が中継権を“ジャッカル”なんてこともあるかもしれない。

 リポーター 新語・流行語大賞の候補にもラグビー関連が5つノミネートされましたし、選手たちはテレビの年末特番に引っ張りだこ。まさに“今年の顔”です。

 本紙デスク NHK紅白歌合戦への登場は確実。W杯コーナーを設けるんじゃないかという話も聞こえてくる。審査員のオファーもしているよ。

 週刊誌記者 前回大会はほぼ五郎丸だけだったが、今回はとにかく“キャラが立つ”選手が多い。笑わない男の稲垣啓太にドレッドヘアの堀江翔太。イケメンも多いですし、姫野和樹なんて、にわかファンになった女性の間で大人気。ファッション誌にメンバーが登場する日も近いよね。

 本紙デスク 選手に近づこうとする女子アナ、タレントもいるだろう。熱愛でも話題を提供してくれそうだ。これはしっかりマークしておかないと。

 ワイドデスク 来年の東京五輪では7人制もありますし、2021年には8チーム前後でプロ化の話も進んでいる。この熱がもっと広がってほしいね。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月10日のニュース