ABC「おは朝」岩本計介アナがキリマンジャロ登頂成功「挑戦とはやめないこと」

[ 2019年9月12日 15:20 ]

ツイッターで募り、日本から持参した視聴者の挑戦を記した旗を掲げる岩本計介アナウンサー(左)
Photo By 提供写真

 アフリカ大陸最高峰、標高5895メートルのキリマンジャロ登頂に挑戦したABCテレビ「おはよう朝日です」MCの岩本計介アナウンサー(43)と気象予報士の正木明氏(58)の山頂アタックの模様が12日、同番組で放送され、登山ガイドの田中敦氏(43)を除いた日本からの一行6人中岩本アナ1人だけが山頂に到達した。

 計5日間の行程中、4日目で女性ディレクターが脱落。5日目は25度の急斜面、酸素濃度が平地の50%以下という悪条件下を午後11時半、出発したが5100メートル地点でカメラマンが隊を離れた。

 そして「歩きながら眠れそう」としながらも持ちこたえていた正木氏が5400メートル地点で「息が上がって戻らない」と不調を訴え、ストップ。安全を期すため男性ディレクターが付き添ったことで田中氏、「正木さんは最後まで弱音を聞かなかった。絶対登ってくるんで」と涙ながらに抱擁を交わした岩本アナ、カメラを担いだ音声マンの3人で山頂を目指すことになった。

 太陽が昇って夜が明け、山頂まで1時間半の地点でさらに音声マンもついにリタイア。「こんなに空気って入ってこないんですね」。6000メートル近い極限世界を体感しながら岩本アナがついに登頂を果たし、日本からツイッターで募った視聴者の「挑戦」を書き記した旗を掲げた。挑戦は番組40周年に掲げた年間テーマだった。

 「挑戦って何だろうと改めて考えると“やめないこと”かなとすごく思います。一歩一歩踏み出すことしかできないんです。途中見えるゴールがとにかく遠くて、こんなん無理やって何度も思いましたが、やめないこと。しんどいときは休む、自分が折れそうなときは誰かに頼る。頼っても休んでもいいからやめないこと。これが挑戦なのかなと思いました」。岩本アナはそう回想した。

 また岩本アナと離れた正木氏だが歩みは止めず、登頂証明書がもらえるもう一つの頂上、5685メートルのギルマンズポイントには到達。「みなさんからの“挑戦”を書き込んだ旗をこの手で掲げられなかったのはとても悔しいです」としながらも、「58歳頑張りましたので、この姿を見ていただいて、同じような年代の方もそうですし、やればできると感じてもらえたら」とコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月12日のニュース