THE RAMPAGE 5周年イベントに1万人!川村壱馬「心が震えるぐらい感動」

[ 2019年9月12日 20:33 ]

1万人のファンをバックに撮影するTHE RAMPAGE
Photo By スポニチ

 EXILE TRIBEの16人組「THE RAMPAGE」が結成5周年記念イベントを12日、東京・代々木公園野外ステージで行った。2016年に「武者修行」と題したイベントツアーを締めくくった思い出の地。当時よりも3000人多い1万人のファンが駆けつけ、ボーカルの川村壱馬(22)は「こんなたくさんお顔が見えて、久しぶりに心が震えるぐらい感動した」と感激した。

 16人が次々とステージに姿を見せると、10月2日発売の新曲「SWAG&PRIDE」のパフォーマンスでスタート。続いてデビュー曲「Lightning」を披露し、全5曲、汗だくのステージング。会場は悲鳴に似た歓声に包まれた。

 LINE LIVEで生中継したトークコーナーでは、パフォーマーの長谷川慎(21)が5年前の結成当時を振り返り「やっていけるかなと不安で、ぶつかり合うこともあった。でも日を重ねるごとに家族になっていって(ファンの)皆さんもついてきてくれた。おかげで5年を駆け抜けることができました」と感謝。涙ぐむファンの姿も見られた。

 宮崎県出身で「南国のベビーフェイス」こと吉野北人(22)は、浦川翔平(22)に「この5年で一番成長したメンバー」と指摘され「成長しないといけない職業。当たり前のことだと思います」と持論を展開。「南国のセクシーフェイス」に変わっていくと意気込んだ。RIKU(25)は「大きなアーティストになっていく姿を見せたい」とファンへの恩返しを誓い、約1時間半のイベントを締めくくった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月12日のニュース