“目力世界遺産”神尾楓珠がドラマ初主演! ヒロインは池田エライザ

[ 2019年9月8日 10:00 ]

TBS系ドラマ「左ききのエレン」でドラマ初主演する神尾楓珠(左)とヒロインの池田エライザ
Photo By 提供写真

 俳優の神尾楓珠(20)がテレビドラマに初主演する。10月22日にスタートするTBS系「左ききのエレン」(火曜深夜1・28)で、ヒロイン役の池田エライザ(23)とのダブル主演となる。

 1月期の日本テレビドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」で注目を集めた神尾。“目力世界遺産”と呼ばれる印象的なまなざしが特長だ。「主演は目標だったので念願がかなった」と喜んだ。

 原作は漫画家かっぴー氏の同題作。高校時代の同級生である凡才と天才の対照的な2人を描く群像劇だ。神尾が平凡な広告代理店デザイナーの光一、池田が圧倒的な芸術的才能を持ちながら苦しみもがくエレンを演じる。

 光一はエレンの才能に対抗心を燃やし、がむしゃらに突き進む男。神尾は「僕も負けず嫌い。できないことを認めたくない気持ちが強いので、似てると思います」。作品のキャッチコピーは「天才になれなかったすべての人へ」で「僕もその一人。皆さんに何かを届けると同時に、自分としても何かを見いだせるように向き合いたい」と意欲十分。

 池田はモデル、女優として活躍する一方、映画監督にも挑戦。役柄同様に多彩な才能で知られる。「私自身も左利き。勝手ながら親近感を感じている作品です。天才エレンの苦悩は計り知れませんが、しっかりと向き合います」と力を込めた。

 ◆神尾 楓珠(かみお・ふうじゅ)1999年(平11)1月21日生まれ、東京都出身の20歳。映画「海猿」を見て伊藤英明(44)に憧れ、高1の時に伊藤と同じ芸能事務所に入所。出演作にドラマ「恋のツキ」「こんな未来は聞いてない!!」など。出演映画「HiGH&LOW THE WORST」が10月4日に公開。趣味はサッカー、カラオケ。1メートル74、血液型O。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月8日のニュース