三四郎・小宮 “社長との付き合い”告白 もらうものは「煮卵」 

[ 2019年7月2日 13:26 ]

「doda はたらく願いを叶えよう!七夕祭り」に出席した「三四郎」の小宮浩信(左)と相田周二
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「三四郎」の小宮浩信(35)と相田周二(36)が2日、都内で開かれた「doda はたらく願いを叶えよう!七夕祭り」に出席。吉本興業の芸人らの“闇営業”問題について「僕らも気を付けなきゃなと思っていますし、いままでも気を付けてはいたんですけど、これからもより一層気を付けていきたい」と語った。

 2人は「マセキ芸能社」所属。今回の問題を受けて、あらためてコンプライアンス研修などが行われたかを問われると、相田は「気を付けろと前から、ちゃんと事務所を通せとは言われているので、ないですね」と答えた。

 また、闇営業に誘われたことがあるかについては「誘われたりはないですね。怪しい社長さんがいるとは聞いたことはあるけど」と小宮。すると、相田が「小宮は“なんでんかんでん”の社長と付き合いがあるみたいで…」とポツリ。小宮は「付き合いあるけど、お金とかもらってない」とやや焦り気味になり「でもラーメン屋さん行ったら、煮卵だけつけてもらいます」と告白。相田は「あれもたぶん事務所通したほうがいいよ」と忠告されていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月2日のニュース