磯山さやか 結婚観に変化?「こうなったら相手が健康であれば」

[ 2019年7月2日 10:38 ]

磯山さやか
Photo By スポニチ

 タレントの磯山さやか(35)が6月30日深夜放送のテレビ東京「博多華丸のもらい酒みなと旅2」(日曜深夜2・05)に出演。自身の結婚観について語った。

 MCの博多華丸(49)から「国際結婚はありですか?」と聞かれると、磯山は「ありです」と回答し「こうなったら別に、相手が健康であれば全然いいです」とコメント。

 続けて、プロ野球ヤクルトの大ファンで知られる磯山に対し、華丸が「俺は本当に(元ヤクルトの選手で現DeNA監督の)ラミレスと(結婚して)ほしかったよ」と発言。これを受け、磯山は「(私と)出会った頃には結婚してましたからね」と答えた。

 それでも華丸は諦めずにヤクルトの選手を磯山の結婚相手の候補に挙げようとし、次は若き大砲・村上宗隆内野手(19)を推薦。磯山は「村上くん?村上選手、19~20歳ぐらいですよ。(私より)16くらい下ですからね。未来ある人」と笑いながら否定した。

 また、以前より理想の男性のタイプや“ストライクゾーン”の幅が広がったという磯山に、この日共演した、お笑いコンビ「カミナリ」の竹内まなぶ(30)が「全然あるでしょ。僕でも」と結婚相手に立候補。しかし、磯山は「理想を言うと、里帰りする時に地元じゃないとこに行きたいんですよ」と本音を打ち明けた。磯山と同じ茨城県出身で地元が近いという竹内は「めちゃくちゃ地元が一緒だわ。3キロしか距離ないですよ、実家と実家。めちゃくちゃ近いですから」と話し、笑いを誘っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月2日のニュース