音信不通「KANA―BOON」飯田を心配 小倉氏「どうなさったのか…」 山崎アナ「無事だといい」

[ 2019年6月14日 09:43 ]

小倉智昭キャスター
Photo By スポニチ

 キャスターの小倉智昭氏(71)が14日、MCを務めるフジテレビ「とくダネ」(月~金曜前8・00)に生出演。ロックバンド「KANA―BOON」のベーシスト、飯田(めしだ)祐馬(28)が今月5日から音信不通になっていることに言及した。

 バンドの公式サイトで13日に明かされ、15日のライブ「KANA―BOONのOSHI―MEEN!!」の中止も発表された。家族が警察に捜索願を提出しているといい「連絡が取れておらず、あらゆる手段を講じてコンタクトを取ろうとしておりますが、現在まで音信不通の状態が続いております」としている。

 小倉氏は「KANA―BOONは演奏もしっかりしていて、彼のベースがないとコンサート活動できないと思うんでね…どうなさったのか」とコメント。山崎夕貴アナウンサー(31)は「無事だといいですねえ」と心配していた。

 飯田は2017年、宗教法人「幸福の科学」に出家した法名・千眼美子こと女優の清水富美加(24)の不倫相手だったことが明るみに出て「私の軽率な行動で、清水さん、関係者の皆さまにご迷惑をお掛けしてしまい、本当に申し訳ございません」と謝罪文を出す騒動になっていた。不倫発覚後は真摯(しんし)に反省し、家族の信頼を取り戻すようにしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年6月14日のニュース