張本勲氏 セ・パ交流戦「パが力がある」と断言する理由「ドラフトでこの10年…」

[ 2019年6月9日 11:37 ]

張本勲氏
Photo By スポニチ

 野球評論家の張本勲氏(78)が9日、TBS「サンデーモーニング」(日曜前8・00)に出演。プロ野球のセ・パ交流戦について言及した。

 張本氏は「交流戦はね、やっぱりパ・リーグの方が力がある」と指摘。理由については「(パ・リーグは)投手がいい。ドラフトでこの10年くらいパ・リーグの方がいい投手を全部、クジで当ててるから。各球団に1人か2人、いい投手がおりますから。セ・リーグは菅野(巨人)と広島の大瀬良、今永(DeNA)くらいのもんだからね」と説明。野球評論家の高橋慶彦氏(62)も「平均してパ・リーグの投手の方が球が速い。パワー投手が多い」と同調していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年6月9日のニュース