KTV「矢部&大輔の話ぐらい聞くでぇ」第4弾は博多!矢部、驚きのプロポーズ秘話も

[ 2019年3月22日 12:00 ]

24日放送の関西テレビ「矢部&大輔の話ぐらい聞くでぇin博多~ブラっとお悩み相談旅~」で共演した矢部浩之(左)、宮川大輔
Photo By 提供写真

 関西テレビは特番「矢部&大輔の話ぐらい聞くでぇin博多 ~ブラっとお悩み相談旅~」(24日後0・00)の制作を発表。NSC大阪校9期で同期、親友でもある矢部浩之(47)と宮川大輔(46)による2人旅シリーズ第4弾として、福岡・博多で“お悩み解決旅”で街ゆく人に声をかけ、お悩み相談を実施する。また、大輔も初耳の、矢部のプロポーズ秘話も飛び出す。

 過去に京都・亀岡、沖縄・宮古島、北海道・函館と巡り、第4弾の今回の行き先は福岡・博多。矢部と大輔は博多の街で街ゆく人に声をかけ、悩みを抱える人を発見すると、テーブルとイスを用意して“お悩み相談室風”に話を聞き、解決するために、アドバイスや手伝いをする。ロケ当日は雨。2人は雨除けのため、アーケード商店街へ。そこで出会った20代女性の悩みは彼氏ができないことだった。大輔が「出会いってどうしてるの?」と聞くと、女性から返ってきた答えに、矢部が「信じられへん…」と小声でブツブツ。

 フラッと入った純喫茶で、女性店員が“小学6年の孫の反抗期”の悩みを相談。言葉遣いが悪く、祖母に対しても当たりが強いそうだ。大輔は「うち(の子ども)小学校2年生やけど、もう結構(反抗期)きてるもん」と、自身の子どもと比較。矢部は「お孫さんと電話でしゃべれますか?」と、その場で電話し孫と直接話した。

 最後は夜の街に繰り出し、屋台で悩みを聞く。一人暮らしが不安という就職を控えた大学生に、大輔が熱血アドバイス。さらに、恋愛の悩みを聞くうちに、矢部のプロポーズについて話が及ぶ。矢部がプロポーズ秘話を明かし「これあんまテレビで喋ってないよね?初めて聞いたもん!」と大輔を驚かせた。

 ロケ終了後、矢部は「聞いた悩みに人間味があって、普段絡めない人とも絡めて良かった」と振り返り、「第5弾はハワイへ行きたいですね」と語った。大輔は「一番印象的だったのは社会人になる一歩手前で一人暮らしが始まる青年。初心を思い出して、また頑張ろうと思いました」と話し「第5弾、福岡リベンジしたいですね。ハワイへ行けるなら、この番組のためなら3日間、休み取る」と意欲を見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年3月22日のニュース