ふなっしー テレビから姿を消した理由「本音はのんびり暮らしたい。でも…」

[ 2019年2月18日 22:52 ]

ふなっしー
Photo By スポニチ

 千葉県船橋市の非公認ご当地キャラクター、ふなっしーが18日放送の日本テレビ「しゃべくり007×人生が変わる1分間の深イイ話 合体SP」(月曜後9・00)に「久しぶりなっしー」と5年ぶりに登場した。かつては連日のようにテレビに出まくっていたふなっしーが忽然とテレビから姿を消したわけを告白した。

 「梨汁ブシャー」などとハイテンションな言動で、ゆるキャラブームをけん引した存在。2014年にはテレビ出演102番組、CM18社。グッズ売り上げ8億円以上…と爆発的な人気を誇っていた。が、昨年のテレビ出演はわずかに4番組だけ。

 「深イイ話」のスタッフが5年ぶりに密着すると…。

 テレビでこそ見かけないものの、人気は相変わらずだった。イベントに登場するとファンが大行列する様子や、「ふなっしーグッズに500万円もつぎこんだ」女性たちが紹介された。

 そんなふなっしーが今、一番力を入れているのが音楽活動。仲間のゆるきゃらと「世界初キャラクターバンド」を結成している。メンバーはカパル(ベース)、アックマ(ギター)、にゃんごすたー(ドラム)、そしてふなっしー(ボーカル)の4人組。最近、香港公演を成功させ、世界進出を目指しているという。

 なぜ、テレビに出なくなったのか? 密着取材で、その謎に迫ると、「(テレビに出始めて)6、7年たつと、ぶっちゃけ、体力的にきつい。オファーも断るようになったなっしー」と告白した。健康診断では「ナシコレステロールが高い」と言われ、食生活にも気を付けているそう。

 時代も「働き方改革」、労働時間短縮へと舵を切っている。週一回公式サイトにアップする動画も、「ゆるーい企画」ばかりとか。「本音言うと、のんびり暮らしたい。でも応援してくれた人がかわいそうだから」活動を続けているというふなっしーは、「今でも船橋市の60平方メートル、1LDKに住んでいる」そうだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2019年2月18日のニュース