平原綾香「メリー・ポピンズ」エンドソング披露、主演女優から絶賛

[ 2019年1月24日 09:21 ]

米映画「メリー・ポピンズ リターンズ」のジャパンプレミアに出席した(左から)平原綾香、エミリー・ブラント、谷原章介
Photo By スポニチ

 歌手の平原綾香(34)と俳優の谷原章介(46)が23日、都内で行われた米映画「メリー・ポピンズ リターンズ」(2月1日公開)のジャパンプレミアに出席した。

 初来日した主演女優エミリー・ブラント(35)と初対面。ブラントが演じた主人公メリー・ポピンズの吹き替えを担当した平原は、エンドソング「幸せのありか」を披露。ブラントは「素晴らしい。先に聴いていたら、私は怖くて歌えなかった」と絶賛した。谷原も「皆さん、平原さんのツンデレな声にやられますよ」と観客にアピールしたが、この日の上映が字幕版と知りズッコケていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年1月24日のニュース