乃木坂46が2年連続レコード大賞受賞!女性グループ連覇はAKBに続き史上2組目

[ 2018年12月30日 22:55 ]

<日本レコード大賞>「シンクロニシティ」を披露する乃木坂46(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 「第60回輝く!日本レコード大賞」(主催日本作曲家協会)の最終審査会が30日、東京・初台の新国立劇場で行われ、乃木坂46の「シンクロニシティ」が大賞に輝いた。昨年の「インフルエンサー」に続く2年連続受賞は史上8組目で、公式ライバルのAKB48に並んだ。最優秀新人賞は現役大学生の演歌歌手、辰巳ゆうと(20)が受賞した。

 売り上げ実績は昨年をしのぐ勢い。今年はシングル3作が全てミリオンセールスを達成。大賞受賞曲「シンクロニシティ」(4月発売)は150万枚を突破した。女性グループの連覇は11、12年のAKB48に続き史上2組目で公式ライバルに肩を並べた。

 白石麻衣(26)は「本当に嬉しいです。まさか大賞がをもらえるとは思っていなかった。感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました」と涙。あす31日にグループを卒業する西野七瀬(24)は「今年一番嬉しいです。本当にありがとうございます」と喜んだ。

 優秀作品賞には、乃木坂46の「シンクロニシティ」のほかに、「アンビバレント」欅坂46、「いごっそ魂」三山ひろし、「Wake Me Up」TWICE、「サザンカ」SEKAI NO OWARI、「勝負の花道」氷川きよし、「Teacher Teacher」AKB48、「Be Myself」三浦大知、「Bedtime Story」西野カナ、「U.S.A.」DA PUMPが選出されていた。

 ▼乃木坂46 秋元康氏のプロデュースで12年2月にシングル「ぐるぐるカーテン」でデビュー。2作目「おいでシャンプー」以来、最新作「帰り道は遠回りしたくなる」まで21作連続チャート1位。15年に紅白歌合戦に初出場。AKB48とは違い専用劇場を持たず、AKB48グループの選抜総選挙にも参加していない。

【過去10年のレコード大賞】
第59回・2017年 インフルエンサー(乃木坂46)
第58回・2016年 あなたの好きなところ(西野カナ)
第57回・2015年 Unfair World(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)
第56回・2014年 ,R.Y.U.S.E.I.(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)
第55回・2013年 EXILE PRIDE〜こんな世界を愛するため〜(EXILE)
第54回・2012年 真夏のSounds good !(AKB48)
第53回・2011年 フライングゲット (AKB48)
第52回・2010年 I Wish For You(EXILE)
第51回・2009年 Someday(EXILE)
第50回・2008年 Ti Amo(EXILE)

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2018年12月30日のニュース