ガガ 欠席のお詫びに…4人の日本人のために映画主題歌世界初披露

[ 2018年12月27日 06:00 ]

ラスベガスで対面した(左から)船山愛冬さん、濱住夏海さん、レディー・ガガ、KIMIKA、U―Key
Photo By 提供写真

 米歌手レディー・ガガ(32)が、初主演映画「アリー スター誕生」の主題歌「シャロウ〜『アリー スター誕生』愛のうた」をたった4人の日本人ファンのために世界初披露した。米ラスベガスのMGMアリーナで23日(日本時間24日)、交流の場を設けた。

 今月11日のジャパンプレミアを欠席し、「日本のファンのための時間をつくりたかった」と実施。約5000人から選ばれた船山愛冬さん(19)と浜住夏海さん(22)、ジャパンプレミアで主題歌を歌った歌手のKIMIKA(24)とU―Key(32)が招かれた。

 今月28日からコンサートを行うステージ上で、映画のプロモーションなどでも一切歌われなかった主題歌を熱唱。浜住さんは「足が震えて感覚がない。最高のクリスマスプレゼントでした」と号泣した。4人から日本のファンのメッセージが書かれたフラッグが渡され、ガガが涙ぐむ場面も。ガガは日本語で「日本の皆さん、愛してます」と感謝を述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年12月27日のニュース