戸田恵梨香主演「大恋愛〜僕を忘れる君と」第3話10・9% 3話連続で2桁キープ

[ 2018年10月29日 09:42 ]

ドラマ「大恋愛〜僕を忘れる君と」の制作発表に出席した戸田恵梨香(左)とムロツヨシ
Photo By スポニチ

 女優の戸田恵梨香(29)が主演を務めるTBSドラマ「大恋愛〜僕を忘れる君と」(金曜後10・00)の第3話が26日に放送され、平均視聴率が10・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが29日、分かった。

初回は平均視聴率10・4%で同局の金曜ドラマ枠としては、1月期「アンナチュラル」以来3期ぶりとなる2桁発進。第2話は、「2018世界バレー」の日本戦中継のため、通常より約1時間遅れての放送だったにもかかわらず、初回を超える10・6%をマーク。今回はさらに0・3ポイント上げ、好調をキープしている。

 同ドラマは34歳にして若年性アルツハイマー病におかされながらも、本気で一人の男に恋をする女医・北澤尚(戸田)と彼女を明るくけなげに支え続ける元小説家の男・間宮(ムロツヨシ)との10年にわたる愛の奇跡を描く王道の純愛ラブストーリー。脚本はラブストーリーの名手と称される大石静氏が務める。

 第3話は、自分がやがて若年性アルツハイマーになってしまうことを、尚が真司に告白。それでも真司は、病気ごと尚を受け入れる覚悟をする。そんな中、尚の主治医が、元婚約者の侑市(松岡昌宏)であることを知った真司は、一人で侑市の元を訪ねる…という展開だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年10月29日のニュース