マツコ ハロウィーン暴徒化に仮装禁止&逮捕推奨「守ってやらなきゃいけない理由ある?あいつらを」

[ 2018年10月29日 18:11 ]

タレントのマツコ・デラックス
Photo By スポニチ

 タレントのマツコ・デラックス(46)が29日、月曜コメンテーターを務めるTOKYO MXの「5時に夢中!」(月〜金曜後5・00)に生出演。ハロウィーンにかこつけて渋谷などで暴徒化している人々について「仮装禁止にしたら?」「守ってやらなきゃいけない理由ある?あいつらを」をぶった切った。

 番組では、ハロウィーンにかこつけて渋谷へ繰り出した人々の一部が軽トラックをなぎ倒すなど暴徒化している件について取り上げた。マツコは「仮装禁止にしたら?もういいと思う、ソレで」と最初から不快感を隠さず。

 「ああいう楽しみ方しかできないんだったら、そんなもんどっか埋め立て地にでも隔離してやらせて、それで楽しいんだったらそれでいいけど、どうしても渋谷で暴れたいんだったら仮装していることでそれが許されるっていうのはおかしな話だから」と断罪。「もう禁止!ある程度地区決めて、こっからもう1歩でも仮装したヤツが入ってきたらすぐ逮捕だ!っていうね」と隔離、仮装禁止、逮捕と強調した。

 「ただ、気を付けなきゃいけないのは化粧の濃いババアが仮装と思われて逮捕されちゃったらっていうものすごい危険性があるから。”これはいつも通りの化粧ですぅ〜!”って。それはちょっとね、そういう心配はあるけど、もうこんなことになるんだったら」とマツコらしいブラックジョークを挟みつつ「だって何?守ってやらなきゃいけない理由ある?あいつらを」と言い切り、これには同じく月曜コメンテーターを務める株式トレーダーでタレントの若林史江(41)も「ない!」と即答した。

 さらに「仮装してバカ騒ぎしているヤツらを何か擁護する必要ある?なんにも見当たらないんだけど」と言葉を重ねたマツコ。若林も「あの騒動で逮捕者が今のところ5人?軽トラに関しては捜査中って言ってましたけど、どんどん逮捕すればいい。普通に遊んでいる人たちは絶対いると思うので、なんでこんなに逮捕者が少ないんだろう、あの騒動の中で。警察も我慢し過ぎ」と話し、マツコも「去年とかぐらいまでだったら私も別に”もう完全にハロウィーンに負けました”って言ってたけど。これ、どんどんどんどんいったら…」と本来の意味からどんどんかけ離れた方向に広がる風潮に疑問を投げかけていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年10月29日のニュース