藤井聡太七段 最後の新人王戦で最年少V「優勝という形で卒業できたのはとてもうれしい」

[ 2018年10月17日 16:32 ]

新人王戦決勝第2局、出口若武三段(手前右)と藤井聡太七段
Photo By スポニチ

 将棋の最年少プロ棋士・藤井聡太七段(16)が17日、大阪市内の関西将棋会館で指された新人王戦決勝3番勝負の第2局で、プロ棋士養成機関・奨励会に所属する出口若武三段(23)を105手で破り、優勝した。

 棋戦優勝は、2月の朝日杯将棋オープン戦以来で2回目。現在、16歳2カ月で、森内俊之九段(48)が持っていた17歳0カ月の新人王最年少記録を31年ぶりに更新した。

 ▼藤井聡太七段の話 今年で最後のチャンスを、優勝という形で卒業できたのはとてもうれしく思います。今回は3番勝負ということで、素晴らしい環境を用意してもらった。またこのような舞台に立てるよう頑張ります。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2018年10月17日のニュース