「西郷どん」第37話が放送休止 台風24号関連ニュースのため

[ 2018年9月30日 18:17 ]

「西郷どん」で西郷吉之助を演じる鈴木亮平
Photo By スポニチ

 NHK総合で30日に放送予定だった大河ドラマ「西郷(せご)どん」(日曜後8・00)の第37話が、台風24号関連ニュースに差し替わり、放送休止となった。

 放送を予定していた第37回の内容は「江戸無血開城」。江戸城総攻撃を前に、西郷吉之助(鈴木亮平)は幾島(南野陽子)の手引きで秘密裏に天璋院(北川景子)との対面を果たす。吉之助は江戸城から逃げるように伝えるが、天璋院は徳川の名にかけて戦うと答え、自ら自決する覚悟だと迫る。そして、江戸城総攻撃の前日、吉之助は勝海舟(遠藤憲一)と薩摩藩邸で対面する。江戸の民を救うために総攻撃を中止することを求める勝に対して吉之助は大きな決断を迫られる…という展開。

 過去の大河ドラマの放送休止は、1996年に衆議院総選挙で「秀吉」を、2000年にシドニー五輪で「葵〜徳川三代」、02年にサッカー・ワールドカップで「利家とまつ〜加賀百万石物語」、11年3月に東日本大震災で「江〜姫たちの戦国」、12年8月にロンドン五輪の男子マラソン中継で「平清盛」を休止した例がある。

 第37話の放送日について、公式SNSアカウントでは30日午後6時45分時点で「放送日が決まりましたら、改めてご案内します」としている。

 午後6時からのBSプレミアムは通常通り放送された。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年9月30日のニュース