“全身がん”告白の高須院長「軽くはありませんが深刻な事態ではありません」

[ 2018年9月30日 10:00 ]

高須克弥院長
Photo By スポニチ

 高須クリニックの高須克弥院長(73)が29日、自身のツイッターを更新。28日にがん闘病を告白したことで心配の声が寄せられていたが「軽くはありませんが深刻な事態ではありません」と説明した。

 高須院長は28日にツイッターで「僕は何カ所もがんがあります。(全身がんを告白していた)樹木希林さんと似たようなものです」と告白。抗がん剤治療を受けるつもりがあるのかを問うユーザーに「受けますよ。いまも受けています」と返信した。

 寄せられた心配の声には「急逝するつもりはないからね」と顔文字もまじえて前向きに返答。「ご心配くださりありがとうございます。 軽くはありませんが深刻な事態ではありません。今日も東京の高須クリニックで沢山手術しました。とりあえず大丈夫です」とつづった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2018年9月30日のニュース