元「nano.RIPE」ドラム青山友樹さん死去 29歳の若さで 名ドラマー青山純さんの息子

[ 2018年9月3日 16:40 ]

 山下達郎(65)のレコーディングやライブで活躍したことで知られる名ドラマーの青山純さん(2013年死去)の息子で、元「nano.RIPE(ナノライプ)」のドラムなどで活躍した青山友樹さんが8月21日に急性心不全のため死去した。29歳。東京都出身。3日、兄でドラマーの青山英樹がツイッターで発表した。後日、お別れの会を執り行う予定。

 英樹は「弟でドラマーの青山友樹が2018年8月21日に急性心不全で永眠しました。あまりにも突然過ぎたため、報告が遅くなってしまい、申し訳ございません。お別れ会を10月に予定しておりますので、また改めてお伝えいたします」と報告。「同じドラマーとして愛する友樹と父の意思を継いでいきます」と前を向いた。

 友樹さんは1988年、東京都生まれ。2013年、今年結成20周年を迎えたロックバンド「nano.RIPE」に加入し、プロとしてのキャリアをスタート。16年にバンドを脱退した後はソロ活動を展開してきた。

 「nano.RIPE」の公式サイトも「nano.RIPEメンバーとして2013〜16年まで活動しておりました青山友樹(享年29)が8/21に急性心不全により永眠いたしました。生前のご厚誼に深謝し、謹んでご報告申し上げます。葬儀につきましては、ご家族のご希望により近親者にて執り行われました」と訃報を伝えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年9月3日のニュース