福助 4年10カ月ぶり舞台復帰、満員客席から「成駒屋〜」

[ 2018年9月3日 05:30 ]

「秀山祭九月大歌舞伎」の昼の部「金閣寺」で、4年10カ月ぶりの舞台復帰を果たした中村福助(右)と中村梅玉(C)松竹株式会社
Photo By 提供写真

 13年11月に脳内出血を発症し、療養していた歌舞伎俳優の中村福助(57)が2日、東京・歌舞伎座で初日を迎えた「秀山祭九月大歌舞伎」(26日まで)に出演し、4年10カ月ぶりに舞台復帰を果たした。

 昼の部の「金閣寺」で慶寿院尼役。客席から「待ってました!」「成駒屋」などと声が飛び、満員の観客が拍手を送った。体調を考慮して会見はなく、関係者は「本格復帰はこれから。まずは舞台復帰の形となりました」と語った。また、この日は都内で弟の中村芝翫(53)が主演舞台「オセロー」の初日公演を行い、「まだ万全じゃないけれど、ありがたい」と復帰を喜んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年9月3日のニュース